クローバーラボ株式会社/2017年 新卒・中途採用

対談部署技術部

クローバーラボのエンジニアは全員提供しているサービスに直結した業務をインフラ・サーバーサイド、クライアントサイドと一丸となって行っています。
特にユーザーの反応がダイレクトにフィードバックされる自社開発は、社員全員のモチベーションとなっています。
自社開発のゲームアプリ事業を中心に据えながらも、さらなる大規模アプリの運営、新しいWebサービスの構築にこれからも貪欲に挑戦します。

PAGE   /   1   2   3 

聞き手

  • 小山 力也

    代表取締役/ CEO

    RIKIYA KOYAMA

    小山 力也

  • 毛見 竜治

    専務取締役/ COO

    RYUJI KEMI

    毛見 竜治

対談した人

 

  • 畑中 優丞

    技術部

    YUSUKE HATANAKA

    畑中 優丞

    2013年 中途入社

    25歳の時に脱フリーターを目指し専門学校に入学。 その後大手ゲーム開発企業に就職するも、結婚を機に住み慣れた関西に戻る。 クローバーラボでは2015年7月より技術部部長に就任。 新技術が大好物で日々新技術をあさっている。 現在は新タイトル「ワンダークラウン」の開発を担当。

  • 高島 涼

    技術部

    RYO TAKASHIMA

    高島 涼

    2013年 新卒入社

    物心ついたころからゲーム好きという理由でゲームの専門学校に入学。 プログラミングを学び始めると一気にプログラムに夢中に。 数あるゲーム端末の中でも今一番盛り上がっているスマホゲームの開発に興味がありクローバーラボに入社。 現在は協業のブラウザゲームの開発を担当。

初仕事

 

毛見畑中君って初めての仕事何やっけ?

畑中勇者と魔王(cloverlabの自社タイトル)ですね。

毛見なるほど。勇者と魔王はもうずっと運営続いてたんやんね?

畑中そうですね。エンジニアはリーダー含めて4人でしたね。

小山運営からってことやね。

畑中そうですね。その後クロスソウルズ(cloverlabの自社タイトル)で初めて新規開発やりましたね。
あれはたぶん個人的にも一番初めの新規開発ですね。

毛見あ、それまでやったことなかったん?

畑中そうですね。
運営からと、後、クローバーラボに入るまでゲーム開発自体やってなかったんで。

毛見何か思ったこととかある?クローバーラボに飛び込んできて。

畑中まー全然違ったんで、環境が。
それまでは200人くらいの会社で、部が完全に分かれていて、他の部署の人とはほぼ会わないみたいなところだったんで。
自分が何作ってるか半分わからないぐらいのところでモノ作りをしてたところから・・・まー、最前線に立たされるという。
なんで、色々知らないことも沢山ありましたし。
なんかこう、毎日新しいことだらけって感じでしたね。

エンジニア対談

エンジニア対談

毛見当時ソーシャルゲームを作るってこういうことなんやってすんなり入ってきた?

畑中元々コンシューマーだったんで、初めてソーシャルゲームをやった時は「これがゲームなのか?」って思いました。
これが今流行ってるっていうのも知らなかったんで、ギャップはすごかったですね。
クローバーラボに入って、作ってる人たちに色々話を聞いていくうちに「あーなるほどな」って感じでしたね。

毛見クロスソウルズってどうやったん?

畑中そもそもクローバーとしても初めてだったんですよね。Perlって。
周りに聞く人はいないって状況で。
個人的には元々やってたんで、そんなに違和感なかったんですけど、フレームワークの使い方が違ったりして大変でした。

毛見高島くんは?初プロジェクト。

高島初めては・・・hidekiですね。僕。

毛見お?コーディネーターhideki?
すごいとこきたね。

一同 (笑)

小山いきなり毛見さんと?

高島いや、渋谷さんが横にいてはったんですけど。渋谷さんに教えてもらいつつ。
検索周りですかね。ゆるふわコーデとかポチって押すと一覧が出る、みたいな。

毛見へぇ〜。ゲームやと思ったら違った(笑)

畑中高島くん当時、var_dumpって何すか?みたいなレベルだったよね?

高島そうっす。そもそも僕CとC++しかやってこなかったんで。PHPが初めてで。先輩に「var_dumpって何すか?」って、初歩の初歩から・・・

毛見それは怒られへんかったん?

高島大丈夫でした。

畑中当時僕向かいの席にいて。
高島くんってやつ入ってきたけど、こいつ大丈夫かな?って思った。

毛見ってか、hidekiはめっちゃ短期やんね?

高島1ヶ月半くらいっす。

小山で、そっから入ったのが?

高島みんなでまおうっすね。

毛見みんなでまおうはどうやったん?

エンジニア対談

エンジニア対談

高島みんなでまおうは、僕自身CSSとかHTMLとか全然やってこなかったので。
そういう部分の担当が多くて、「いやー、きっついな」って感じでしたね。

毛見みんなでまおうはWebViewでやったけど、うちはスマホでそれまでろくなインターフェースを作ってこなかったのに突然・・・
得意な人間がそんなにいない中で大変やったやろうね。

畑中あんときはホントに作れんのかな?って思いましたね。
それまでフィーチャーフォンデザインでやってきたんで。

小山そうか。インターフェース結構考えないといけなかったんか。

毛見みんなでまおうはウチの中では革新的な役割をしたよね。

高島秘伝のCSSがありましたね(笑)

畑中でもまぁ、見た目的には良かったんじゃないの?
裏っかわは知らないけど。
ユーザが見えてるところは良かったよね。

毛見で、運営もやったよね。

高島そうですね。運営がまた・・・僕が丸っきり始めてで。
プランナーの岡田さんもほとんど新人っていう感じで。

毛見どんな感じだったの?

高島開発期間も少なかったんですけど、第1弾から13弾くらいまでのイベントが全部新規だったんですよ!

小山おー。毎回?

エンジニア対談

エンジニア対談

高島そうっす。毎回僕にとっては全部始めてだったんで、わからないことだらけで。
ビッグレイドだったりタワーだったりPvP(Player versus Playerの略)だったり色んな事を経験しましたね。

畑中それは誰かが教えてくれたん?

高島他プロジェクトのも参考にしつつ、だいたい先輩に「どうしたらいいっすか?」って。

毛見いっぱいいっぱいやってんねー?
じゃー別に炎上しても、まー「燃えてんな〜」ぐらいの?

高島いやいや(笑)
毎回心が苦しかったですね。やっぱり。
でもその経験が・・・強くなりましたね。
度胸が付きました。

畑中あるか。精神的にね。
クローバーラボのひとつの特色ですね。
ぶっこむというか(笑)
割と今までしっかり付いてってしたことがないですからね。

高島そうですね。やりながら覚えるというか。

畑中ま、叩き上げですね。

小山それをまーみんな乗り越えてくるんやね。

高島それを乗り越えたら・・・成長した感はありますね。
この一年でそう思いましたね。

畑中それを救いたいなって思った時期も・・・あったなー(笑)

一同 (笑)

毛見今や?そんなん全然思わへんと?

畑中いや、まー頑張れ頑張れって(笑)

高島そういう経験もあって、この前入社式で新入社員に「苦しいこともあるけど頑張れ」って言えるっていう。

エンジニア対談

エンジニア対談

>>次のページ  前職との違い

 1     2     3 
|