クローバーラボ株式会社/2019年 新卒・中途採用

新規開発チーム座談会 開発立ち上げメンバーに聞く。こうしてゲームは生まれる

PAGE   /  1   2   3 

聞き手

  • 代表取締役/ CEO

    RIKIYA KOYAMA

    小山 力也

  • 専務取締役/ COO

    RYUJI KEMI

    毛見 竜治

自己紹介

小山
じゃあ、こばりゅーから。名前、年齢、役割、前回所属していたプロジェクトを
小林
小林です、年齢は35歳、役割はメインプログラマーをやっています。
前のプロジェクトはワンダークラウンです。 これ緊張しますね。(笑)
小山
はい、青山くん
青山
プロデューサーを担当しています青山です。
プロデューサーはいろいろな職種をイメージされるかもしれないんですけど、特にクローバーラボの中では予算とクオリティーの管理、スケジュールの管理、それらをすべて統括する役職になっています。 32歳です。
前のプロジェクトはゆるドラシルのプランナーを担当しておりました。
小山
ふんふん、はい、次
石原
石原です、35歳です。
デザイナーとしてチームの部長をしていますがプロジェクトのほうではUIであったりモーションエフェクト等々絵を描く以外のことはやって、グラフィックの管理などやっております。 前プロジェクトはゆるドラシルです。
たぬき
たぬきです、今はイラストだけ、ですね。前回はゆるドラシルでした
小山
じゃあ3人は前ゆるドラシルやったんやね!

新規開発のきっかけと
メンバー選びについて

青山
1番のきっかけは、社内でアルバイトを含めた企画コンペみたいなのが開催されてまして提出させていただいたら評判がよかったようで、そのコンペから半年後くらいに急遽役員の宮本さんから新しい企画やってみない?って話があがってきて是非やらせてくださいっていうような話で始まりました。

小山
うん、じゃあちょっとあれやね?
会社として新しいプロジェクト起こさんとねってことでっていうタイミングやったんやね
メンバー選びはどうやって?
青山
メンバー選びは、えーっと
ゆるドラのメンバーについては知っててですね、特に石原さんはゆるドラシルの中で全体をまとめるような作業ををされてて  
小山
進行管理とか?
青山
そうですそうです、デザインの進行管理を担当されてたんでもし僕が忙しくなった時にはその作業をお願いできるかなとおもって石原さんにお願いしました
もちろんデザインだけじゃなくてUIもできる数少ない人材なのでお願いしました で、たぬきさんに関してはゆるドラシルである程度、うまいっていう評価はされてたんですけどきゃんさん(=ゆるドラシル プロデューサー)ともお話をしててちょっとゆるドラの絵に無理やり合わせてるところがあるから1回思いっきり好きなように描かせてみたら、どんな絵になるんだろうなっていう僕ときゃんさんの共通認識があって、ちょうどいいタイミングでもあったのでお願いしました。  
小山
デフォルメ系の絵よりも?
たぬき
あーの、(ゆるドラシルは)縦幅が短いって思ってました
小山
等身高いほうが書きやすいって感じ?
たぬき
はい、そんな感じはあったので、まぁそうですね。
なんていうか、まぁばれてた(笑)
小山
見抜かれてたんやね(笑)
こばりゅーを選んだのは?
青山
小林さんはー・・・  
小山
余ってた?
青山
(笑)
まだデザインは見ればわかりますが、プログラムに関しては全くイメージつかないので、畑中さん(=技術部部長)と相談して、 安定に誠実に対応してくださるこばりゅーさんがいいんじゃないかっていうことで、小林さんにお願いしました  
小山
なるほどー
選ばれた時の心境は?
小林
今回のプロジェクトは今までクローバーラボでやったことのないリアルタイム通信を採用してまして、そこにチャレンジできるって思った時はちょっと頑張ってみようかなって思いはありました。  

小山
石原さんは?
石原
僕はそうですね、正直一緒にゆるドラシルやってて誘われた時にまず思ったのは
ゆるドラシル大変になるなって  
小山
確かに(笑)
石原
この2人(=石原、たぬき)抜けるのは絶対ないなって思ってたんで誘われても実現しないなって思ってて、でもやりたい気持ちはあって。
まぁその辺、きゃんさんがいい感じにゴー出していただいたんで、じゃあ、もうそれはやりきるしかないなって結構意気込みは高くなりましたね  
青山
そうですね〜
小山
たぬきさんは?縦の長い絵が描けるって?笑
たぬき
えー、大丈夫かなー?って感じでした
大衆受けする絵に自分で自信がなかったんで
ゆるドラならデザイン案が多いんで、みんなに人気出るようなものは他の人が描いてくれるんで、、、
自分はその隙間をぬっていけてたのが出来なくなるんで、だから、その大丈夫ですか、、、ねっ?って感じではありました
 
小山
大丈夫なん?
青山
大丈夫です!

>>次のページ 新しい技術と制作の挑戦<

|