クローバーラボ株式会社/2019年 新卒・中途採用

ユーザーに
一番近い立ち位置から

開発を導き改善する
縁の下の力持ち

デバッガー 北口 将大

Profile

北口 将大
品質管理部 デバッガー

2015年、中途入社
大学在籍時に知人と起業を目論み、NNT(無い内定)の状態で卒業。
卒業後しばらく自由に活動を行うも、夢半ばで挫折する。
しばらく就職もせずのらりくらりと生きていたところ、友人に誘われデバッガーとしてアルバイト入社。
その後社員登用され、現在は品質管理部のまとめ役を担う。

 どのような仕事をしているのですか?

デバッグ業務は、「リリース前にアプリが正常に動作しているかのチェック」がメインとなっています。
プランナーが作成した仕様書を基に、アプリにイベントや機能などが実装されるわけですが、その動作が本当に仕様通りのものとなっているか、新規で実装した影響で他の既存部分に悪影響を及ぼしていないか、を細かく見ていきます。
業務そのものは単純作業で、チェックすべき箇所をまとめたチェック項目を1つ1つ潰していくだけなのですが、実装内容によってはアプリの動作を全て確認する必要があったり、同じ動作を何回も繰り返す必要があったりと、意外に集中力と根気が求められる仕事になっています。

またデバッグ業務は開発では下流工程にあたりますが、それは言い換えるとユーザーに一番近い立ち位置になります。
そのため、不具合を1つでも多くみつけ報告することも大事ですが、アプリをプレイしていて操作しづらい部分や理解しにくい動作など、改善箇所を報告することもデバッガー業務では重要な仕事のひとつです。
なのでアプリが正常に動作していることはもちろん、ユーザーの皆様が気持ちよく遊べる状態にもっていけるかどうかは、少なからずデバッガーに掛かっているかなと思っています。

 こんな人がクローバーに向いてると思う

クローバーに向いている人・・・何事にも臆せずチャレンジできる人には過ごしやすい会社ではないでしょうか。
クローバーの特色として、外注は極力使用せず「社内完結でのサービス開発・運営」がありますが、それは意地悪な捉え方をすれば、自分たちでどうかしないと何も出来ないことを意味します。
今の自分たちの能力で解決できることばかりであれば事はスムースに進みますが、ときには高い壁が目の前に立ちはだかることもあります。
その壁を攻略せず迂回ルートをとることも出来ますが、攻略ルートを見つけ出し、チャレンジすることができるのがクローバーだと思っています。
もちろん無謀なチャレンジは却下されますが、勝算が見いだせれば笑って背中を押してくれる環境と仲間がいるのがこの会社です。
ソーシャルゲーム業界は技術の進歩が速く、様々な会社が色々なアプリをリリースしています。
クローバーはこれまでもチャレンジしてきましたが、これからもチャレンジしていかなければなりません。
そのときに先頭に立つ気概がある人が居ると心強いですし、一緒に先頭を突っ走っていきたいです。

 チームバリューにまつわるエピソード

■フォロー
僕がまだアルバイトだった頃のお話になるのですが。。。
ゆるドラシルのデバッグを担当していた当時、デバッグ業務は忙しさに波があり、1週間のうちで暇なタイミングがしばしばあったんです。
初めの頃はその時間をデバッグに関する情報収集などに使っていましたが、業務になれてくるとそんなことはしなくなりました。笑
デバッグ業務以外の職種に興味をもっていた影響もあったと思います。
あの時の私は今と違うことをやってみたい一心でした。
その反面、プランナー・エンジニア・グラフィッカーその全てが専門職であり、素人ができるものは何もないと諦めが強かったのも事実です。
でも毎週くる暇な時間と何かやってみたいという強い想いを抑えることができず、同じプロジェクトのプランナーの方に相談をしてみました。
「最近ひまな時間があって・・・」すると「じゃあ僕の仕事を手伝ってくれますか?」と思いもかけないお誘いをいただき、「是非、させてください!」と二つ返事でお願いをしたのを覚えています。
なんとかプロデューサーの了承ももらい、デバッグ業務以外のお仕事もさせてもらえるようになりました。
お仕事と言っても、ユニットやコマンドの名称案を考えたりする本当にお手伝いといった感じでしたね。
ただその後も業務の幅は広がり、ただのアルバイトでは経験することができない様々なことができました。
あのとき誘いの言葉がなければ、私はただのデバッガーでしかなかったと思います。
アルバイトにも多くの機会をくれる環境なんだなとそのときひしひしと感じました。

 クローバーでのキャリア

2015年、25歳のとき。
大学卒業後、くらげのようにふわふわしていた私に、未経験者でもできる仕事だから、と友人であるプランナーの岡田さんが声をかけてくれ、心機一転挑戦しようと思いクローバーの門をくぐりました。
アルバイトのデバッガー。
それが私の肩書でした。
初めに担当したアプリは「ゆるドラシル」でした。
ゲーム業界のことを全く知らない私に、優しく接してくれたプロジェクトメンバーの皆さんには感謝しています。
その後業務にも慣れ、メンバーやプロデューサーからも信頼を獲得することができ、プランナーの業務を手伝わせてもらえるようになりました。
ユニット説明文の文言作成やイベントのデータ作りなど、よりゲーム業界のことを知ることができた期間でした。
肩書はアルバイトのデバッガー。
その後、何名かいた同じアルバイトのデバッガーのまとめ役に任命され、アルバイトリーダーに昇格。

2016年7月。
ご縁があり社員に登用していただきました。
肩書は社員のデバッガー。
引き続きデバッグ業務に取り組みながら、アルバイトの方々への教育や指導。
不具合を出したときの責任感の重さに押しつぶされそうになりながら、毎日を生きておりました。
今はゆるドラシルを離れ、新規アプリのデバッグを担当しています。
こちらでは、不具合を見つけることも大事ですが、アプリの仕様、操作性やデザインなどへの改善提案を行い、アプリの品質を少しでも高められるよう努めております。

|