クローバーラボ株式会社/2019年 新卒・中途採用

今だからこそできる
経験を糧に

誠心誠意あらゆる情報を
発信、収集する

採用広報 土橋 花梨

Profile

土橋 花梨
経営企画室 採用広報

大学卒業後、クローバーラボに入社。採用と広報を担当。
その他はメンバーが気持ちよく働けるよう入社後のフォローなど労務業務、歓迎会や納会といった社内イベントの担当もしています。
たまに東京ゲームショウやイベントでニコニコ生放送に出演したり、コミックマーケットに出展した際は、「ゆるドラシル」の主人公ヴァルキリーのコスプレをしたりなど…(笑)
幅広く業務に携われることができる環境で日々勉強中です!

 どのような仕事をしているのですか?

クローバーラボでマネージャーとして採用と広報を兼任しています。
採用では中途と新卒どちらも担当しています。
なんとクローバーラボにはきっちりとした採用計画がありません!
必要な人材の変動が激しいので、定期的なミーティングで各部署から今後どのプロジェクトにどんなスキルの人が必要かヒヤリングしていきます。
その情報を基にホームページや求人サイトに求人票を作成し、応募を待つだけでなく私からスカウトすることもよくあります。求人票を出した後も、各サイトのPV数などから掲載の継続を判断したり、他社とのやり取りや情報交換をすることも大切な仕事のひとつです。
新卒採用では出来るだけ多くの学生の皆さんにクローバーラボの魅力をお伝えできるよう、大学や専門学校で説明会の機会をいただいたらほぼ全て参加するようにしています。
このようにしてご応募いただいた方の書類選考と面接を担当し、次の面接まで応募者様がスムーズに選考にお進みいただけるよう誠意をもって対応しています。

広報では主に会社全体の広報と、ブランド腕時計レンタルサービス「KARITOKE」など新規事業の広報を担当しています。
小山さんやプロジェクト責任者の代弁者として、熱い思いやビジョンを理解したうえで新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど様々なメディアの方に会社のこと、サービスのこと、それらを取り巻く社会的背景やトレンドを紹介しています。
新しい情報があれば、どのメディアに向けて、いつ、どんなストーリーで発信するのか計画を練って方向性を決めメディアの新規開拓やプレスリリース作成を始めています。またプレスリリースは新鮮さが大切ですので、このメディアと親和性が高いと感じたら場
所が大阪でも東京でもすぐに行動に移してお会いしに行くよう心がけています。
しかし記者の方にお話ししたからといってもすぐには取材に繋がりませんので、根気強くアプローチし続ける粘り強さが必要です。
取材に繋がったときは「取材を受ける側」ではなく、記者の方と一緒に記事や番組を作っていくような気持ちで取材対応に臨みます。

広報は華やかだと思われがちですが、とても地道な仕事です。
しかし地道な広報活動が初めて実ったときの喜びは言葉では言い表せないほどでした。
その時の喜びや感謝の気持ちを忘れずに、これからも丁寧に業務に励みたいと思います。

 こんな人がクローバーに向いてると思う

企業説明会や就職イベントでよくお話しする「求める人物像」では、
・素直で向上心のある人
・真面目にコツコツと取り組める人
・積極的に行動できる方
などをよく挙げています。

どれも大切ですが、クローバーラボでは特に「積極的に動くことが出来る人」は向いていると思います。
なぜならクローバーラボは社員のやりたいことや夢の実現をサポートするスタンスにあるので、目標をもって積極的に動くことで、どの会社よりも成長することができる環境にあると感じるからです。
反対に、やりたくてもなかなか発言できなかったり行動に移せずにいると周りからどんどん置いて行かれるかもしれません。


クローバーラボでは「社員がつくるチームベンチャー」の通り、社長だけが主人公ではなく、社員一人ひとりが主人公となって会社というチームを作りあげているのです。
クローバーラボで何をしたいのか、チームのために何が出来るのかを常に考え行動に移せる方と一緒に働きたいですし、私自身もそうなれるよう目指しています。

 チームバリューにまつわるエピソード

■チャレンジ
採用、広報、経理、労務、総務のお仕事全て
クローバーラボに入社してから初めて経験し、どれも私にとってチャレンジの連続でした。
その中でも特に難しいと感じたものが広報です。
ある日突然、広報も兼任することになり、
もちろん知り合いの記者なんて一人もいないし、プレスリリースてなに?のレベルからスタートしました…。
分からないことだらけのまま社外に飛び出して、出会った広報の先輩方に教えていただきながら
飛び込みでアポを取ったり、紹介先に訪問したり、セミナーがあると聞いたら参加してみたり…
見よう見まねで企画書を作ってなんとか記者の方に会ってもらい、取材にこぎ着けるまでの壁の多さに心が折れそうでしたが、上司に、社外の先輩に、記者の方に何度も何度も助けていただきながら
気がつけば最初の1年で100件近くのメディアに掲載してもらうことができました。
その中の記事をきっかけに大手企業のご担当者からお声がかかり、今もその企業の広報さん達と一緒にお仕事をさせてもらうという幸せなことまで起きました。
もちろん良いことばかりではなく、攻めの広報をしすぎて泣きたくなるような失敗も沢山しましたが、いまでは貴重な経験だと思っています。
そして、社内のクローバーラボアワードと全国の広報から年間MVPに選ばれたときは、本当に頑張ってよかったと思いましたし、私のやりたいように自由にさせてもらいながらも、困った時は必ず助けてくれる上司に心から感謝しました。
MVPに相応しいと思ってもらえるよう、そして何よりも助けてくださった周りの方にいつか恩返しができるよう、日々チャレンジして成長し続けていきたいです。

 クローバーでのキャリア

クローバーラボに入社したときはほぼ新卒で知識も経験もないまっさらな状態でした。
新卒で入社した会社は今とはまったく違う業界でしたので、クローバーラボに入社したての頃、社内のバーカウンターで「何でもします!と言って入社しましたが、本当はこんな私でも役に立つのか心配です」と不安に思っていることを話したとき、社長の小山さんが
「この会社はゲームを作ってきた人ばかりだからどうしても視野が狭くなってしまう時があるねん。そんなときに違う経験を積んできた花梨ちゃんだからこその気配りができる力とか、違う視点からの意見が必要やで。」と言ってくれたことがあります。
業界が違うかもしれないけど、自分が選んでやってきたことは決して無駄にはなりませんし、それを活かすのは自分次第。ということに気づかされ、当時の私にとって目から鱗が落ちた瞬間でした。

それから小山さんの言葉を忘れず、クローバーラボらしさを守りながらも、会社や社員にとってプラスになる新しいことを取り入れるよう心がけています。
例えば新しい制度やイベントを作ったり選考方法を変えたり…
普通の会社ならあり得ないことですが、クローバーラボなら入社1年以内でも、思いをしっかりと伝えたら実現可能な会社です。

私自身の今後のキャリアは、しばらく採用と広報どちらにも携わっていきたいです。
人材確保の為に広報活動を行う、採用広報にももっと力を入れたいとも思っています。
しかしビジョンである「100人、100億、100年」の達成のためにはいつまでも一人で兼任を続けるのは大変だなあ~とも感じています。
採用活動を積極的に行い始めたのは最近になってからですし、広報活動もまだ社内に定着していません。
ですので、一人で自由に好きなようにさせていただいているこの機会を利用して様々なことを経験してクローバーラボでの採用と広報の土台を作りたいです。
まだ入社して2年が経過した程度ですが、いつか自分に後輩ができたときは少しでも何か教えてあげられるように成長したいです。

|