クローバーラボ株式会社/2018年 新卒・中途採用

Message from COO専務取締役 毛見 竜治からのメッセージ

現場で生み出されるチャレンジが、
皆にとってかけがえのない職場を作る

専務取締役 毛見 竜治 /COO Ryuji Kemi

京都産業大学経済学部卒業
大学卒業後、大手Sierにアルバイト入社しプログラミングを覚える。
中堅ベンダーやシステム開発のITベンチャー企業を経験、代表の小山とはシステム開発のITベンチャーにて出会う。
その後、一足先に転職していた小山に請われ、神戸のITベンチャーに転職。
そこで開発現場の総責任者を務め上げた後、代表の小山とクローバーラボ株式会社を立ち上げる。

創業してまだ6年

5名の時は、ゲーム分野でたくさんの経験ができるように、形にとらわれず色んなことにチャレンジしました。
10名の時は、自社のサービスを立ち上げることにチャレンジしました。
20名の時は、チーム力をつけたいとチームの育成にチャレンジしました。
30名の時は、社員主体で事業計画を作り、達成に向けて責任を持って運営することチャレンジしました。
現在59名ですが、社員みんなの人生において、かけがえのない職場になるようにチャレンジしています。

もちろん、チャレンジすれば沢山失敗しました。しかし私達はその都度考え対策を講じ結果に繋げてきました。
そういった経験を5人の時からずっとやっていて、私にとってはクローバーラボという職場はかけがえのないものになっています。

働くみんなの中には5人の頃を知らない人もいますし、その経験を人に話して伝えるというものではないと思っています。

私ができることはただ、私が経験してきたと同じようにチャレンジや失敗を経てみんなが成長できるという環境を提供し、色んな経験をしてもらう。
その経験を通じてみんなにとってもクローバーラボというチームがそれぞれの人生でかげがえのないものになればと思っています。

専務取締役 毛見 竜治 /COO  Ryuji Kemi

大小はあっても自分がチャレンジできるチームに所属して経験し、成長していく。
そういったことが100人のチームになっても各所で行われる組織作りを考えています。

現状のクローバーラボはと言うと、
59名のうち55名が開発チームという現場主導の編成です。
ひとつのフロアに敷居もなく全員います。
役員も開発メンバーとしてアサインされ、1年目の新人と同じチームで仕事します。
バーでは先輩が後輩達に晩御飯を作って振る舞ってたりします。

そんな小さなチームですが、自分の人生における仕事という大事なピースにクローバーラボを選んでみたいと思って頂ける方がいらっしゃれば、力強くジョインして頂けることを楽しみにしています。

専務取締役 毛見 竜治 /COO  Ryuji Kemi
|