クローバーラボ株式会社/2018年 新卒・中途採用

Message from CTO取締役 鏑木 哲からのメッセージ

全ては「面白い!」のために追求、
勉強出来る人に来て欲しい

取締役 鏑木 哲 /CTO Tetsu Kaburagi

京都産業大学理学部卒業
大学卒業後、地元石川県の半導体メーカーにて営業職にて就職する。
しかしながら、営業活動に出かけるわけではなく、社内でプログラム開発に従事。
その後、神戸のITベンチャーの立上げを経験し開発部の取締役に就任する。
10年間務め上げた後、東京の池袋にてシステムの受託開発の会社を創業するも、小山と毛見に請われクローバーラボのCTOに就任。

エンジニアのみなさんへ

クローバーラボの開発部の担当する主な業務は、ネイティブアプリ開発、WEB開発、サーバ環境構築などです。
ネイティブアプリ開発ではゲームエンジンにcocos2dx、またはUnityを採用しています。使用言語はC++、ObjectiveC、Java等でクライアント側の開発を行っており、サーバ側はWEB開発で得意とするPHP、MySQLをメインに開発しています。
エンジニアの力を充分に発揮できるよう、社員一人一人が自由に提案・実施のできる環境がクローバーラボにはあります。これまでにGitLab、GitHub、Slack、ChatWork、Qiitaなどが社員主導で導入されてきました。
新しい技術にも積極的にチャレンジし、現在制作中の最新作ではクライアント側をUnity、サーバ側をgolangで開発しています。
技術的なスキル向上の為、社内勉強会を行ったり外部セミナーへの参加、ハッカソンの開催などを行っています。

取締役 鏑木 哲 /CTO  Tetsu Kaburagi

アプリ開発をする上でエンジニアとしての技術的なスキルは必須です。しかし、一つの作品を作り上げるのは個人ではなく、プランナー、グラフィッカーと供にチームで協力しなければなりません。
お互いにアイディアを出し合い、技術的な提案もおこなう、コミュニケーション能力もアプリ開発には必要です。
渡された仕様をバグなく、効率よく、使いやすく動かすのが仕事ですが、さらにこうしたらもっと良くなる、こうすればもっと楽しくなる、これで早く作れる、などなど、色々な提案が出来れば最高です。チーム全員が「これは面白い!」と納得した作品を作って行きたいと思います。
新しい事をするにはカット&トライですぐに時間が無くなってしまいます。なので早く作れる人の方がさらにスキルが上がって行きますし、早くつくるには沢山のやり方を知っていて、それを組み合わせてさらに新しい作り方が出来るようになると思います。
納期に迫られることもあるでしょう。バグを出して徹夜で修正する事もあるでしょう。運営を行っているとルーチンワークになることもあるでしょう。
その中で、さらに上手く作るには?ソースを他の人にも読みやすく、効率のいい作り方を模索していってほしいです。どういう仕組みで動いているのか?どういう思想でこのような設計になっているのか?沢山のコードを読んで、沢山のコードを書いてプロのプログラマーがどんどん増えて欲しいと思っています。
今後ますます高度な技術が要求されてきますが、供に成長でき、多くのユーザーに楽しんでもらえるアプリを一緒に作れる仲間を募集しています。

取締役 鏑木 哲 /CTO  Tetsu Kaburagi
|